FC2ブログ

日本一混雑する航空祭、入間航空祭に行ってきました!!

どうも、はまちゃんです。

さて、待ちに待った秋の航空祭シーズン真っ只中ですね。

さわやかな秋晴れも続き、こんなにいい天気が続くと飛行機を撮りに行きたくないっすか?



我慢できなかったので撮りに行きました!!!(; ・`д・´)



実は百里基地航空祭にも行ったのですが、2回も航空祭ネタで引っ張って記事を書いたり2か所分を薄めて書くのもアレだなと思ったのと、半年くらい前に入間基地の紹介をしたご縁もあるで今回は入間基地航空祭に行ってきたレポートを書こうかなと思います。
百里は今後機会があればその時お話ししたいなと思います。

入間航空祭は埼玉県の航空自衛隊入間基地で毎年11月3日(祝)に開催されます。
入間基地は池袋から電車で文字通り「乗り換えなく駅から直接基地へ入れる」世界中の空軍基地を探しても珍しい立地条件の良さや、開催日の11月3日が俗に言う「晴れの特異日」で、最後に雨が降ったのが13年前?だかその位前な位晴天に恵まれやすい日でもあり、首都圏だけではなく全国各地から観客が集まるので航空ファンからは人間航空祭とも呼ばれています。

混雑する為、基地の外から見る人も居ますが、どうしても迫力ある航空機の姿を最前列で見たかったので朝5時の電車で池袋駅を出発、流石にブルーインパルスの前は陣取れませんでしたがそれでも最前列で見られました!!やったね(・∀・)


IMGP0418.jpgIMGP0430.jpg
IMGP0692.jpgIMGP0669.jpg
上2枚は飛行点検隊のU-125とYS-11
飛行点検隊は全国各地の飛行場に赴き、無線航法装置や計器着陸装置などがちゃんと動いているかなどの確認を実施します。
戦闘機のパイロットもカッコいいと思いますが、こういった空の安全を陰で支える人達もカッコいいですね。
YS-11ももう民間の航空会社からは姿を消し、日本で飛ぶ姿は航空自衛隊でしか見られ無い貴重な飛行機なので見る価値はあると思います。
下2枚は入間基地の中部航空方面隊司令部支援飛行隊のT-4練習機の機動飛行です。
この部隊は別名シルバーインパルスも呼ばれ、この日飛んだパイロットは元ブルーインパルスに居たパイロットや総飛行時間5000時間を超える熟練パイロットも飛び、噂だと平均年齢が45歳、中には50歳超えている人も居るとかいないとか
長きに渡り日本の空を駆け抜けた凄腕パイロット達の飛びっぷりは練習機とはいえF-15やF-2、F-4など現役で日本の空を守っている戦闘機の飛ぶ姿や同じ飛行機を使うブルーインパルスにも負けていなかったと思います!!

IMGP1079.jpgIMGP1312.jpg
第2輸送航空隊第402飛行隊のC-1輸送機とU-4多用途支援機
ドラマ化された有川浩さんの小説、空飛ぶ広報室にも出演していた部隊
以前ここの部隊を見学する機会があり、その際に伺ったのですが、ドラマ撮影日に合わせて整備中の機体と撮影に使うハンガー、隊員を含め諸々の予定を抑えるのは大変だったらしいのと、全国様々な部隊や空爆広報室の協力あってか日曜9時の1時間ドラマ枠は試算したら航空自衛隊どころか自衛隊全体の広報予算の数十年分?の広報効果があったとか
ヒロインが「いなぴょん」と呼ばれる理由もC-1輸送機に隠されているようで、鳥取の美保基地所属の同じくC-1輸送機を運用する第403飛行隊のエンブレムが「因幡の白ウサギ」だからだそうです。
実際にエキストラとしてドラマに出演していた隊員の方のお話だとヒロインのいなぴょん役の新垣結衣さんや空井さん役の綾野剛さん、整備士役の南明奈さん始め本物の芸能人はかわいいとかかっこいいとかそういった次元ではなくオーラが違うそうです。

IMGP1195.jpgIMGP3510.jpg
航空救難団入間ヘリコプター空輸隊のCH-47Jヘリコプターと百里救難隊のUH-60Jの展示飛行

航空救難団は自衛隊で発生した墜落事故などでの機体・乗員の捜索救難・救助活動を使命ですが。災害派遣として救助活動や急患搬送も行っていて、東日本大震災や今年発生した常総市の堤防決壊にも出動し、多くの人を救助しました。
その錬度の高さから他の救助機関が動けない場合に出動要請が掛かる場合が多いので最後の砦とも呼ばれています。
チヌーク!!チヌーク!!お疲レスキューと叫ぶアナウンスのお兄さん、この日のアナウンスの隊員の中で一番気合が入っていた・・・ ('ω' )

IMGP1817.jpgIMGP1913.jpgIMGP1964.jpgIMGP2074.jpg
本日最大の目玉、ブルーインパルスによる曲芸飛行!!
航空祭や国民的な大きな行事で華麗な飛行を披露する航空自衛隊のアクロバット専門チームです。
大空を華麗に舞う姿は何度も見ても驚きの連続です
写真部のブログでこう言う事言うのもアレですが写真や動画で見るよりも生で見る迫力は凄いです!!!
私の写真の実力では迫力を全て伝えきれないのが本当に悔しい限りですが、全国各地の航空祭やイベントで展示飛行を行っているので機会があれば是非生で見て欲しいです!!( ;∀;)
IMGP2669.jpgIMGP2585.jpg
大砲みたいなレンズが無くても広角でとっても楽しい


IMGP7355.jpg
2機がハートを絵描き、続いてもう1機が左下からハートマークの中央を抜けてスモークの矢を射るバーティカルキューピッドと呼ばれる技です
世界一大きなハートを世界一速く大きな矢で射貫く姿は圧巻です。
こちらも大砲みたいな大きなレンズが無くても撮れます。
ずっと前から飛行機にハートを射貫かれたままですがまた射貫かれてしまいました・・・不覚
青空に絵描かれる世界一大きなハート、それを世界一大好きな恋人カメラで撮る気分もまた格別(*'ω'*)
IMGP7377.jpgIMGP7391.jpg
5機が上昇し、5方向に広がり「星」を描くスタークロスと呼ばれる演目
数あるブルーインパルスの演目の中でもとても人気が高く盛り上がる演目です。
会場でも老若男女、航空ファンやそうでない方関係無く「おおおお」と歓声が上がっていました
戦闘機のパイロットになる人がウィングマークと呼ばれるパイロットの証を取る夢の始まりとして乗る飛行機でもあり、ブルーインパルスが使用し多くの人々に夢を与える飛行機、そして彼らの本拠地、東松島を始め東北の被災地の人達の復興への希望、空へ憧れを抱く子供達、様々な形はありますが多くの人が「夢」「希望」「憧れ」を抱く飛行機でもあるT-4が大好きです。

スタークロスやバーティカルキューピッドが描かれる模様は産経新聞さんにも記事として載っていました、是非ご覧ください。


IMGP3185.jpgIMGP3459.jpgIMGP3636.jpgIMGP3673.jpg
ブルーインパルスの飛行が終わりは航空祭の終わり、陸海空、日米問わず北は青森、西は鳥取、全国様々な場所から応援に駆け付けた展示機や隊員達もそれぞれの基地に帰っていきます。
観客に囲まれ動けそうにも無かったので彼らを見送ってから帰りました。
折角の休日なのに遠くから来てくれてありがとう、いつか彼らの地元の基地で派手に飛ぶ姿を見たいですね

毎年多くの人でにぎわう航空祭、今年は何と20万人来ていたそうで、朝からずっと前を見たままで昼頃ふと後ろを振り向くと人の壁が出来ていてびっくりしました、前回より減ったとはいえ人間航空祭、恐るべし・・・(´・ω・`)

やっぱり青空の下で自由に大空を飛び回る飛行機はカッコいいし、航空祭にしろ基地祭にしろこういう物の公開は見る分には確かに見る分には資料映像が見やすいけど、やっぱり現地で見る本物の迫力ある姿、音や匂いは映像や写真ではどうやっても伝わらないからどんなに混雑してようと行く価値はそこにあるんだと思います!!!
写真部のブログでこんな事言うのも何言ってんだって話ですが・・・

すごく混んでいてトイレや帰りの電車等いろいろと大変でしたが、また来年も見に行きたいです!!!



以上、いろいろイベントに行き過ぎてお財布すっからかんのはまちゃんでした(・へ・)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とある写真部員

Author:とある写真部員
今日も元気に写真撮影!

お問い合わせは下のメールフォームもへどうぞ、メールアドレスはスパム防止のため公開しておりません。

ブログ村に参加中です。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
↑クリックしてくださると部員の士気があがります。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR