冬の横須賀軍港巡り

メリークリスマス、どうもこんんちは、はまちゃんです。
さて、クリスマスですが皆様いかがお過ごしでしょうか?(;^ω^)
僕は暇で退屈だったのと春先からずっとドック入りしていた護衛艦ひゅうがと一年に半分は何処かに行ってるアメリカ海軍第七艦隊の航空母艦ジョージワシントンが珍しく同時に入港していたので、ほぼ定期シリーズと化してしまいましたが横須賀まで写真を撮りに行きました。(´・ω・`)
(先に書いておきますが、今日はクリスマスですが残念ながらクリスマス要素はほぼ無いです。)
前回はやや写真にお遊びが入っていましたが、今回はちょっと分野的にお堅いかも知れませんがなるべくゆるりとやろうと思います。(`・ω・´)
IMGP4216.jpgIMGP4253_201412250058136fc.jpg

JRの横須賀駅から出ると、ヴェルニー公園と言う戦前旧日本海軍横須賀鎮守府の施設の一部、逸見波止場と海軍工廠の船台だった場所にとてもおしゃれな公園があります。
施設の遺構も沢山残っているのでここには書きませんが、工業史や造船に興味がある方は探してみてください。
名前の由来は横須賀港を整備したフランス人技術者レオンス・ヴェルニーから名前を取ったそうです。

ウッドデッキにはなっていますが工廠の船台の跡、荷揚げの為の階段が所々残っていたりするので時々下からちゃぷちゃぷ水の音が聞こえます。
スタバがあるのでコーヒーを買ってベンチに座ってゆっくり船やクレーンを眺めるのがオススメです。


対岸の自衛隊基地や米軍基地に護衛艦や潜水艦が係留されているのが見えます。
この日はDDH-181護衛艦ひゅうが、DDG-82、ミサイル駆逐艦ラッセン、APL-40と言うドック入り中の艦艇の乗組員用の宿泊船が係留されてていました。
ひゅうがは東日本大震災の際の災害派遣で連日ニュースになっていたので有名ですね。
個人的には艦首のエンクローズドバウともハリケーンバウとも呼ばれる曲線が個人的には好きです。
APL-40は1945年、終戦の年の11月に就役してからベトナム戦争などを経験したかなりのベテランの船だそうです。
調べると作業船はたまにこういった数奇な運命を過ごして来た船が居るので調べてみると面白いですよ。
IMGP4276.jpg
横須賀へ来たら乗りたいのがこの軍港巡り、たった1400円で45分間、横須賀の自衛隊や米海軍施設を廻るクルーズがあります、案内人の解説付きなので全く予備知識が無く軍艦を知らない人でも十分楽しめるツアーだと思います。
余談ですがチケットを提示すると割引になったり何か一品サービスしてくれるお店もあるので一枚で二度以上良い思いが出来ます。
沢山居たので全部は紹介できないですが、見えた船をさらっと紹介したいなーと思います。
IMGP4336.jpgIMGP4500.jpgIMGP4556.jpgIMGP4440_20141225021407d76.jpg
左上からDD-129、護衛艦やまゆき、AGS-5104、海洋観測艦わかさ、AS-405、潜水艦救難母艦ちよだ
基本的に自衛隊の船は艦番号が3桁の船が何かしら前線での任務を想定した艦で4桁の船は後方で観測、調査、試験、訓練などを行う船です。
行った日が天皇誕生日だったので日米両方の艦が祝日を祝う為に満艦飾と呼ばれる信号旗など旗を連ねて掲揚して飾る行事を行っていました。
滅多に見られない光景なので行った甲斐がありました。
左下はアメリカ海軍のCVN-73、航空母艦ジョージワシントンです。
原子力空母なので艦内に原子炉があるのはもちろん、診療室、床屋、郵便局、売店、教会などもあるので小さな街とも言われます。
横須賀には6つのドライドックがあり、中でも6号ドックは最大規模を誇り、わずか10日で沈んだ悲運の空母とも言われる当時世界最大の空母、信濃を作った事でも有名です。
横須賀はハワイより西側で唯一空母の整備が可能である施設なのでアメリカ以外でアメリカの空母を見られる場所は世界中で横須賀だけなんです!!

ひゅうがやジョージワシントンのように、テレビや新聞のニュースではよく名前を聞く船でも、実際はどんな船でどういった役割があるのか?まではなかなか目にする事が少ないと思うので実際に見る事興味が持てるんじゃないかなーと思います、実際僕もそこから船舶に興味を持ち始めました。

IMGP4645.jpgIMGP4657.jpg
市内には、あの“スカジャン”の発祥の地であるどぶ板通りと呼ばれる商店街があります。
米軍兵士向けの店や、日本人向けの土産物店などが立ち並び、英語と日本語、アメリカ人と日本人両方同じ位歩いていて一体何処の国に居るのか分からなくなる横須賀らしい不思議な場所でした。

右の写真は横須賀名物海軍カレーの横須賀で生まれた長門型戦艦2番艦の「陸奥」バージョンで、具材は名前の由来となった陸奥国青森のリンゴの角切りが入り、デザインは軍事雑誌「丸」が監修と言うのでかなり凝ってるなーと思いました。
このジェンガっぷりは陸奥じゃなくて同じ横須賀生まれの山城じゃねーかって言う野暮な突っ込みはやめよう
因みにこのお店で軍港巡りのチケットを出すとカレーコロッケが一個無料で付いて来ます。
陸奥と言えば船の科学館にある主砲が再来年横須賀に里帰りする予定だそうなのでそれに因んでなのか“戦艦陸奥サワー”や“陸奥冷麺”などの陸奥グルメが発売されていたり、陸奥の模型が展示されているので来年は、もしかしたら陸奥旋風が起こる予感!?
IMGP4673.jpgIMGP4758.jpg
横須賀港が見渡せるお気に入りのスポット、船の丘(勝手に命名)から撮ってみました。
手前に大型艦が居ると見栄えが良いですね。
IMGP4886.jpgIMGP4929.jpg
昼のヴェルニー公園も好きですが、夜は夜でかなりお洒落で軍艦も昼とは違う感じに見えるので好きです。
静かなので艦内放送の音やタービンの音なども聞こえるのでその筋の人は楽しいと思います。
休みの日や珍しい船が入港していると夜でも写真撮ってる人が沢山居ます。
デートしてる人や家族連れより船撮ってる人が多かったので悲しくありませんでした。(´;ω;`)
ここは街灯も多く夜(9~10時)でもそこそこ人通りがあり交番も近いので比較的安心して夜景を撮れるかなーと思います。

今年も最初の更新で言った通り、ちょっと傾向が偏ってしまいましたが様々な場所へ行きそこでしか見られない人、物、事の写真を沢山撮れたので満足な一念だったと思います。

来年に向けての抱負としては、来年は3年に1度の観艦式があるので艦船写真に関しては部で誰にも負けない位上手に撮れるようになりたいです!!!

以上、はまちゃんからでした。皆様良いクリスマス&良いお年を!!(; ・`д・´)


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とある写真部員

Author:とある写真部員
今日も元気に写真撮影!

お問い合わせは下のメールフォームもへどうぞ、メールアドレスはスパム防止のため公開しておりません。

ブログ村に参加中です。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
↑クリックしてくださると部員の士気があがります。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR